NFTについて思うこと

最近何かと話題のNFT( Non-fungible token )について思うことを書き残しておきます。

NFTとは、非代替性トークンのことであり、デジタルデータに唯一性を持たせたものになります。(ざっくり説明)

NFTはパラダイムシフトをもたらす(真顔)

デジタルデータに唯一性を持たせるということがどういうイメージかというと、例えばマイケルジャクソンがムーンウォーク初披露時に着用した靴下がオークションに出品され、落札予想額が約2憶円に達する見込みというニュースが分かりやすいかなと思います。靴下という物質だけでみればそれには大した価値はありませんが、マイケルジャクソンがあの象徴的なムーンウォーク初披露時に着用したという「ストーリー」があることで、その靴下は物質的にはその他の靴下と同じでも、「唯一性」が生まれ、ファンはそのストーリーの所有権を持ちたいと思い、2億円払ってもいいという人が出てきます。
こういった話が今まではリアルな世界でしかありませんでしたが、それをデジタルな世界でも可能にしたのがこのNFTとなります。

今までのデジタルデータは唯一性がなく、模倣されることを当然のこととされていたため、供給量は極端にいうと無限で、そのため需要と供給の関係から価値はとても低いものとなっていました。それが唯一性を持たせることで供給量を制限することができるようになり、今度は需要と供給の関係から価値が跳ね上げることができるようになります。今まではタダ同然だったデジタルデータがリアルと同じように急激に価値を持つようになります。

いやいや、そうはいってもただのデータでしょ?そんなものにすごい価値が出るようになるわけないでしょ。そう思われる方も多いんじゃないでしょうか。

今はみんなデジタルデータがたいそうな価値なんてもつはずがないという認識を持っているからそう考えるだけで、この認識をガラリと変える、そういうパラダイムシフトをNFTはもたらすと思います。

マネタイズについて

NFTの良さはデジタルデータに唯一性を持たせることなので、同じものがたくさんあっては価値が生まれません。そのため、現状はアートなんかと親和性の高さが伺え、実際に有名アーティストのNFTが高額で売買され話題になりました。
このことから、NFTを使ったマネタイズは基本的には薄利多売ではなく、少数の熱量の高いファンや自己顕示欲の強いお金持ちに対しての厚利小売になるのではないかと思います。
ただ、NFTはプログラムを仕込めるので、転売されるたびに発売者やIP保有者に手数料が払われ続けるということが可能です。そうすると、発売したNFTが一定の速度で転売され続ける仕組みを作ることが出来れば、お金が入り続けてきます。
ゲームなんかだと後者の方が親和性は高そうな気がします。
ゲーム内に独自の経済圏を作ることが出来れば、某楽〇経済圏のように、儲け続けることができるかもしれません。
あとは、トレーディングカードゲームなんかは親和性高そうに思います。
リアル世界でゲームと唯一性がミックスされたエンタメってトレーディングカードゲームくらいじゃないかなと思いますし、レアリティのつけかたや流通量なんかのノウハウも活きる気がします。

時期について

じゃあいつNFTが金になりはじめるの?盛り上がるの?と思いますが、これはまだまだ時間がかかると思います。
業界的にかなりいろいろな問題が山積みのようですし、実際に一般の多くの人が慣れ親しむようになる環境ができるのは数年先になるんじゃないでしょうか。

ブロックチェーンゲームは今までのソシャゲと何が違うのか

ここが一番大事だと思うのですが、ブロックチェーンゲームって言ってもただガチャ引かせてレアなの出たら高値で売れますよ~だと今までのソシャゲと大差ないと思うんですよね、RMTができるソシャゲというくらいで。
自分がブロックチェーンゲームに期待するのは、ずばり「ゲーム世界への没入感」です。
なぜブロックチェーンゲームだとゲーム世界への没入感が増すのか、それはやはりデータに唯一性があるからです。
今までのソシャゲは、ガチャで当てたレアリティなキャラやアイテムも自分以外の人が持っているものと全く同一なものでした。
それを唯一性を持たせることで、ゲームの世界に本当の意味での個性を作り出すことができるのだと思います。
本当の意味での自分だけのキャラ、自分だけの武器、自分だけの家、当然そこにはストーリーがあり、今までになかった愛着がうまれると思いますし、それらを自分の大好きな世界観の中に作り上げることができるのはとても楽しそうじゃないでしょうか。
そういう意味では、同じくゲームへの没入感を高めるVRとかとは親和性高そうですよね。
目の前に広がるバーチャルリアリティの世界の中に、まさに自分という個を作り出すことができたら、そこは本当にもう一つのリアルな世界になる気がします。
デジタルデータに愛着をもつわけないだろう!と思う人もいると思いますが、自分自身大切にしている道具なんかないですか?毎日使っているお皿だったり、大切な人からもらったペン、初任給で買った服など何かあると思います。もしそれが1日かぎりのレンタル品で毎日毎日取り換えられたらどうでしょう。いや物自体は同じものなんだから変わらないでしょうって思いますか?愛着沸きますか? 人がなぜものに愛着をもつか、それはそこに唯一性があるからだと思います。大切な人からもらったペンは、ペンの機能自体は同じものが無数にあるかもしれませんが、 そこにはストーリーがあり、他のペンとは違うと自分が認識しているからです。
なんか壮大になって気持ち悪いですが、今はデジタルデータに唯一性がないのが当たり前なので愛着を持つという感覚が理解しにくいだけだと思います!これが本当に唯一性を持ったとき、人は愛着を感じるようになると思います。

自分の投資判断について

実際に金になるのがまだまだ先という前提に立ちながらも、もしNFTが投資テーマとして盛り上がるのであれば、自分はgumiが有望だと考えています。

それはなぜか、NFTの世界最大のマーケットプレイスであるopenseaに出資しているとかそういったことは置いておいて、やはりスクウェア・エニックスと協業したことがとてつもなく大きなことだと考えるからです。

上でも書きましたが、自分の大好きな世界の中にほんとうの意味で入ることができたらとてもわくわくしますし、そのためには有力なIPが必要であると思うのです。それに、結局一部の有識者でわいわいやってても大衆は興味を示しません。先進的技術と大衆をつなぐのはやはり有名なIPじゃないでしょうか。ARの位置情報ゲームも、ポケモンだったからあそこまで流行り定着したのだと思います。

また、NFTはつまるところそのものの所有権を持ちたい、そのものが有するストーリーを持ちたいというところが原動力になっているので、コンテンツ勝負になると思ってます。(大体今のソシャゲでもIP持ってないとなかなか勝負にならないのに、今更IPなしで通用するとは思いづらいです。)

今まで中小型のゲームセクター会社でやいのやいのやっていた状況から、スクエニみたいな大手をひっぱってきたんです。これはすごいことだと思います。夢物語ではなく、現実的なものになってきた証拠なんじゃないでしょうか。まぁまだ始まったばかりなので、どうなるかわかりませんが、やはり有力IPを多数有するスクウェア・エニックスと協業したgumiはNFTを投資テーマとする場合外せないと個人的には思います。

雑に書いてきましたが、自分がNFTに思っていることは現状こんな感じです。
自分は今このブログを書いているときはこう考えていますが、明日になったら考えが変わってるかもしれません。なお、ここに書いた考えはあくまでも個人的な考えなのであしからず。

コメント

  1. はぬぬ より:

    全部読みました。ブロックチェーン(仮想通貨、nft等)って難しくてこの世に上手く語れる人ってそんなに居ないと思うけどポン酢さんのnftについての説明はとても解りやすいなと思いました。

    私なりにブロックチェーンってなんぞや?と調べた事あるんですが簡単に言うと「ブロックチェーンという技術じたいまだどう使うのが正解かと模索中」ってのが本音みたいです。「ブロックチェーン技術が最初にフューチャーされたのが仮想通貨(ビットコイン)だったのは悲劇」とはかの国光の名言です(白目
     

    日本上場企業でブロックチェーンだけで言ったらアステリアが1番力入れてるんじゃないかな?本業で稼ぎつつ利益にならないブロックチェーンの研究しまくってます。あと数年前に天才と言われてるグノシー創業者が突然「これからはブロックチェーンの時代 グノシー辞めてブロックチェーンの会社作るわ」と話題なりました。レイヤーXって会社です。これは金融に振り切ってるらしく数年以内に上場すると言われてます。あと名前忘れましたが集英社と色々やってる漫画系に振り切ったブロックチェーン会社もあります。モバファクもデジタル漫画系の会社と組んでなんかやろうとしてます。

    んで、今書いた会社とgumiがナニが違うかって海外のブロックチェーン会社に投資しててそれがソコソコ成功しそうなんですよね 国光曰く日本では法的にブロックチェーンは世界に遅れをとりまくりらしいです 技術はあっても日本の法律のせいで発展は難しいかも…みたいな

    まとまりの無い文ですが何が言いたいかというとgumiが最後に勝ちます
    株価は知りません(吐血

    • ぽん酢 より:

      はぬぬさんありがとうございます!
      レイヤーXはなんか聞いたことあります!
      ブロックチェーン取り組んでる会社結構あるみたいですね、他の会社はめっちゃ上がってて羨ましいです笑
      UFTやるにはFT発行できるといいらしくて、それが日本だと新規のFT発行はほぼ無理な状況らしいので、日本は規制のためにどうしても遅れるってどっかで言ってました!
      それを考えると海外いけるgumiはさらに有力かもしれませんね!
      はぬぬさんおっしゃるとおりUFTはやっとこれからどう使っていくか考えるフェーズらしいので、そういう意味ではこれから色々と現実味を増していくのかもしれませんね
      くにみっつぁんは話聞いてると本当にブロックチェーンに詳しいんだなと思ったので、とりあえず資料に載せてますってわけじゃないなと思ったのでそこは良いかなと
      とにかく、最後はgumiが勝ちます()
      TOBとかこないかなぁ…