格ゲーから考える負け(損)が込んだ時の心構えについて

みなさん、コロナショックで負けが込んでいませんか??

今日は相場で大きく損をしたときの心構えを、格ゲーの経験からお話したいと思います。

自分が格闘ゲームをやっていた時、「あ、これは勝ったな」と確信する瞬間がありました。
それは、相手が追い込まれ「ムキ」になったと感じられた時です。
人間は本来多種多様な存在のはずですが、追い込まれムキになると驚くほどみな同じ行動をとるようになるのです。

「不利な状況を打開するため、賭けに出る」

こうなったらもう勝ちは揺るぎません。相手は大きく賭けに出たつもりでしょうが、平常心ではないため、その賭けは十分に練られたものではなく、行動は恐ろしく短絡的です。しかし、自分では気づきません。後になって気づきます。
こちらとしては、あとはその単純な行動を刈り取ってあげるだけの簡単なお仕事状態です。

これが強い人だと違います。追いつめられたとしてもジリジリと自分の戦い方を貫いてきます。そういう人は強いです。こちらもいやーな気持ちになり、肝が冷える思いで戦わなければなりません。油断できませんし、逆転されてしまうこともあります。

負けが込んだ時、損したときに焦って追ってはいけないと思います。相手(相場)はそれこそを待ち構えています。
そういうときこそ冷静にじっくり自分の戦い方を貫くことが大事です。
自分が今どういう心理状態か今一度確認してみませんか?
そしてみんなで爆益しましょう(; ・`д・´)

コメント